【マッチングアプリで恋人になることの難しさ】出会った恋人とすぐに同棲を始めるのは超危険!即同棲にまつわる注意したい点

恋愛

はじめに
ここ最近、私の友人の間で「同棲」というフレーズをよく聞くようになりました。聞いてみるとアプリで出会って1ヶ月も満たない人ばかり!?どうして?そしてやっぱりすぐに問題が勃発!言わんこっちゃないんだから!

スポンサーリンク

マッチングアプリで出会うこと

私が学生の頃は「出会い系」なんて、少々遊び慣れている若者たちの出会いの手段でした。匿名で多くの異性と出会い続けられるなんて夢のようなこと。
ダメでも次、ダメでも次。

異性に限らず、同性のお友達もできますね。
あの頃の寂しがり屋さんは結構使っていました。

でも今は堂々とできる世の中。
結婚相手もアプリで見つかる時代です。

下腹ペッたんダイエット

マッチングアプリで恋人を探すことのデメリットとは

マッチングアプリはたくさんの出会いがあって、自分が物理的に行動しなくても、画面を見て選ぶことができる。登録者も多いと、道を歩いているよりもタイプの人が見つかりやすい。
でも「本気で恋人になる」のは案外メンタルが重要です。その理由は以下です。

お互いに端末上にキープが絶対にいる

これは、本当に、今の時代に本気で結婚相手を探す若者は大変だと思います。
だって、アプリで出会って、実際にご飯に行って、「お互いに気に入りましたので、お付き合いしたいよね」って話になったとして、その日の夜にそのアプリで他の異性とやりとりをしている確率は高いですから。

その日の夜は胸がいっぱいでラブラブメールで手一杯だったとしても、日常で手持ち無沙汰な時にマッチングアプリを開くのが習慣になっている人も。

つまりいつでも違う人と連絡が取れる状態なわけです。もしかして自分がキープ側なのかもしれないという危険がはらんでいるのです。

特に自分が「恋人になってもいいかも」なんて思う相手なのだから、そんな相手の端末内のキープの存在は気になって仕方がありません。

同じ人をデートをするのが無駄な時間に思えてくる

もし恋人になりたいなーという可能性がある人が現れたとしても、相手あっての話。自分はいいと思っていても相手の本音は分かりません。そのため、3回デートの時間があったら、1回は別の可能性に賭けてみたいかもと思わずにはいられませんよね。

もしかしたらその人の方がタイプかも。
これまでの失敗を棚にあげて、ポジティブな幻想が捨てられないのが人間です。

100%の信頼が得られにくい

男性側はなかなか実際に会えるまでいかないし、必要以上に誠意をもって対応しないといけません。
苦肉の策で、「付き合ったら2人で退会しようね♡」 なんて甘い言葉も聞いたりするものですが、そのアプリを退会しても他のアプリがあるかもしれない・・・と考えてしまいます。

デメリットを払拭するには何が必要なのか?

それが 即同棲!!!なのです!!!

出会ってすぐに同棲すれば信頼アップ!?

同棲ということは、お互いがお互いの帰る場所になること。
非常に安心感が得られます。
お互いに、夜にスマホを見ている時間が減るでしょうし、アプリのお相手とデートすることはできません。スマホと自分の関係をオープンにすることで身の潔白をアピールできるのが同棲なのです。

独身である、恋人はいないことの証明になる!?

正直、マッチングアプリは身分を偽っている人も少なからずいます。中には既婚者だったというケースもあります。(最近は身分証の提示が義務付けられているところが増えているので以前よりは減っているかもしれませんが。)

そんな悩みも即同棲で解消!
「家に一緒に住むんだから、お前に本気なの伝わるだろ?」という感じ。

即同棲の危険性の大きさ

この記事を書こうと思ったのは「すぐに同棲する危険性」を知って欲しいから。
現に私の知り合いも3組ほど、ドロドロ同棲解消をしました。

相手を冷静に見極めること!

実は、マッチングアプリでの出会いって、めっちゃ好き♡というわけではなく、可もなく不可もなくの人が来ると、まあこれでいっかと無意識に妥協していることが多々あります。

同棲って、1人で住むよりもストレスが多いことだし、寂しさが解消されるメリットを支えるのは我慢や忍耐。加えて相手が見れば見るほど、実は自分のタイプではないんだから、そりゃ冷めるのも早いよ。

監視されています!

休日に出かけにくいです。
片方がアクティブで、お友達も多いタイプだと、もう一方は監視モードに切り替わります。

買い物も2人。本屋に行くのも2人。ご飯も2人。家に帰っても2人。
そのうち「休日も出勤だから」というセリフが聞こえてくるかもしれません。

依存タイプに注意

マッチングアプリで即同棲!幸せすぎる!と浮かれてしまうし、その気持ちは分かります。
でも結婚を前提としていない、寂しさを解消するための同棲は破滅に向かいます。

大体女性の方はその気になって結婚を考え始めてしまうけれど、男性は不自由になったことをすこし後悔する人が多いので「この人とは結婚できないな」と感じ始めることも。
温度差がどんどん明るみにでてきます。

「いやだ!別れない!」と言われながら一緒に住むことになったりします。

別れる手続きが面倒くさい

2人用の物件に引越し、家賃や光熱費を少しは協力している場合は、こじれたときは超めんどくさいです。普通のカップルだったら、「大嫌い!」と言って、即音信不通も究極的にありですが、同棲していると本当に大変です。

おまけに実はまだあんまり知らない人だったりするわけで、金銭問題が絡むと本当に厄介ですね。

逆に婚期が遠のくことも

結婚に結びつかない「がっつり同棲」ほど時間の無駄はありません。
そんな同棲をしているくらいなら、自分の部屋でたくさんの人と半同棲をしていた方がよっぽど勉強になるし、たくさんの幸せがもらえます。

子供ができたら最後。
結婚する?シングルマザーする?の突然の人生変貌。

まとめ

いかがでしたか?

私の知り合いはいずれも3ヶ月ほどで破滅がやってきていました。
3ヶ月デートを重ねていたら合わないことが分かったかもしれませんが、マッチングアプリ上ではデートを重ねることそのものが難しいですからね。
マッチングアプリでの恋人作りは「同棲」がスタートラインなのかもしれませんね。
でもすぐに同棲を持ち出してくる人には少しだけ時間をもらいましょう!

大変だ!
あと5キロ痩せて、世界を変えたい人は、他にいませんか?

タイトルとURLをコピーしました