〝LINE〟交換をしたくない場合

ライフ



はじめに
〝LINE〟交換を断りたいと思ったこと、ありませんか?
変なタイミングで「友達」追加のお知らせがきませんでしたか?
もう使わない「友達」を非表示にしたことありませんか?

LINE
LINEは、スマホ、タブレット、PCで利用できるアプリケーションソフトウェアで、2012年頃から広がり始めたようです。
お互いにインストールすると、docomoやAUといった通信キャリアにかかわらず、チャットができ、音声通話もできるため、ほぼ電話と変わりません。それもインターネットを利用する通話(本当のことをいうとこの仕組みは詳しく理解できません。ひかり電話とかと一緒なんですよね、多分。)なので、無料通話になる!
だからアナログな私でさえもこちらを使うようになりました。

ただアナログで、そもそも人付き合いを極力したくない私には問題点がたくさんあります!


問題点1. 携帯に入っている電話帳と勝手に連動して登録される。

これは導入に際して賛否両論あったようですが、

『2013年1月に森川亮NHN Japan社長は「元々電話帳に登録していた人なら、友だちになってもいいと思うんですと語っている。』(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
とのことです。

それにしても困りました。
電話帳にあったって、もう疎遠の人や冠婚葬祭連絡用に登録してあるだけの人もいるんだし・・・。
それも疎遠の人に自分の個人的なアイコンみられるの嫌だし・・・。
今となっては 友達自動追加機能on/off の使い方が分かるけど、最初にインストールした時、知らない人も多かったのでは? ばばーって友達入ってきて 「え!?なになに!?』 なんて混乱しても、もう時すでに遅しでしたよ。

問題点2. QRコードふりふりなんかで瞬時に交換できてしまう。

断れない理由がこれですね。
便利の不便。

「今スマホ持ってる?」(持ってないわけないじゃないか!)
「連絡先交換しよー。QRコード出せる? あ、これ? 名前◯◯って言うんだー。」(それ以上でも以下でもない。)

ひどい人は
「じゃあ、連絡待ってるねー」って!
私、連絡しないから。
そこで突然受け身になるなよ! です。

上記はママ友に多いパターン。
そして何かで顔をあわせる度に、気まずいんですよね。
「え?私が連絡する番か?」なんて勝手に思ったりして。
こんなことなら交換しなきゃよかった。

「やせる道場?」エステ体験行ってみた!

問題点3. メッセージを読んだか読んでいないかがバレてしまう。

これはもう周知の事実ですよね。
今の高校生は本当に大変だと思います。
「既読」機能要らなくない?
開いただけでちゃんと読んでない可能性だってあるわ!

私の時なんて「ポケベル」で休み時間に電話に並びましたよ。
同じ学校の子にメッセージ送るために・・・
手書きでよかったか笑

問題点4. スタンプがやたら大きい。

これはねー、何がダメかって、スタンプの大きさですぐにページがいっぱいになることです。会話の内容を振り返りながら、新たなメッセージを入れるのに、わざわざスクロールしていい位置で止めなくてはならない。
スクロールは明らかに目に悪いですよ。
ブルーライトも指摘されていますが、「動体視力」の駆使はいけません。
特に夜間、目をつむってもなんか目の違和感で眠れないことありませんか?
ブルーライトは防ぐシールなんかも売られていますが、スクロールは防げませんよね。
スクロールに対応するように、目は能力以上に本当に頑張ってくれています。

せめて3/4くらいにはならないのかな?
それか自分で大きさを設定できるとか。極小に・・・。


私が考えた断り方(苦肉の策)
「スマホ、家に置いてきちゃった! また今度ね!」 

「LINEもうやめちゃったんだよね。私マイペースだから、「既読」機能とかに疲れちゃうから(笑)」
子供の場合「リビングで充電する決まりになってるから。夜、見れないんだよね。」

一方的に送られてくる携帯メールそのものが嫌いだったけど、
今はショートメールの距離感が落ち着きます・・・。

誰かに共感してもらえれば本望です。
では。