インフルエンザ薬の吸入タイプがかなり快適で子供にはおすすめ!

ライフ
人類 VSインフルエンザ は2000年から一気に人類が優位に立っています。
あれから20年。・・・そして今。

今回、冷暖房完備のテニスコートでもらってきたウィルスですが、
なんとなく体の芯がだるい感じだったので検査をしてもらったところ、ばっちり「A」。
熱があまりなかったので陰性を期待していたのですが、はっきりくっきりラインがでていました。
(結局この後が2日程本格的にしんどくなりました。)

新年早々の令和ウィルス。
そして今回感動したのは、医師に「薬は飲むのがいい?吸うのがいい?」と聞かれたこと。
タミフルを飲むのだとばかり思っていた私ですが、、、「吸う!?」って!?

新たなものには目がないため、「吸う方で」とオーダーし、
看護師さんのレクチャーのもと、1度服用させてもらいました。
「リレンザ」という薬で、かなりの少量の白いパウダーをスッと口から吸うもの。
本当に一瞬で終わり、粉っぽくもなく、苦味も何もない。むしろ少し甘みがある。
何この薬! 快適!
と思って調べてみると、かなり前からあったみたいですね(涙)それもタミフルの前から・・・(涙)

これまで息子がインフルエンザにかかった時にすすめられたことなかったなー。
タミフルは飲ませるのが大変だし、うわごともすごいし、嫌だなーと思っていたけれど、こんな選択肢もあったなら先に言って欲しかった!
息子も「もう絶対タミフルだけは飲まない!」と宣言しているため、これからどうしようかなと一昨年くらいから思っていたのです。
それくらいタミフルを飲んだ夜が大変だったので。
半分意識なかったはずの彼の記憶に残っているのが不思議だけれど。

とにもかくにも、絶対吸入タイプがいいわー。
吐き気にも関係ないし。
ベッドで寝ている子供に、お水用意して、上体起こして薬飲ませるのは、結構大変だったりしますから。

ちなみに吸入タイプは2種類あるらしいです。
今回私が処方してもらった「リレンザ」は1日2回5日間ですが、もう一方の「イナビル」はなんと1回の吸入で良いらしい!
すごい!
本当はそれも試してみたい!

もちろん、それぞれ副作用などが違うので選べない場合は仕方ないですが。
でも小学校以上であれば、「吸う」の指示に従えるかと思われますので、我が家は吸入薬にしていきたいと思います。
日本でよく聞かれる「タミフル」は高価な薬で、健康保険が充実した国だから使用頻度が高くなっているそうです。

それにしてもあの恐ろしい検査をなんとかしてほしい。本当に嫌だ。
痛いし、今でも少し胸部が気持ち悪いくらい。
あんなに奥まで入れなくても正しく反応するようにしてほしいです。
そのくせ、インフルエンザの検査って、発症前後とかで診断も微妙だったりしますし。

正しく快適な検査と100%近く予防できる予防接種をお願いします。

筆者インフルエンザのため、乱文お許しください。
では。みなさんお大事に!