【つみたてNISA】初心者でも「 つみたてNISA 」で本当にお金は増えるの?

お金を増やす手段‥
はじめに
「お金」がたくさんあったらいいなーと思わない人はいないと思う。聖人は別。
「お金を増やす方法をちらほら聞くけれど、結局考えるの面倒臭くて、このままでいいや」
ってなっている少し前の私みたいな人に、私の中で起こった価値観の変化についてお伝えします。

 ◉ この記事を参考にして欲しい人

  • 知識はないけれどお金を増やしたい主婦
  • NISAって誰でもできるのか疑問に思っている人
  • つみたてNISAを考えている人
スポンサーリンク

「つみたてNISA」のきっかけ

これまでの私

家計簿大好きで、1円単位でつけていて、主人にはドン引きされています。
そんなに贅沢な暮らしはしていないつもり。
そもそもノーメイクでパジャマで家にこもっているのが幸せだし笑
(※ただ子供の教養や経験にはバンバン使ってしまう価値観は有りますが)

でも「誰でも”100歳”時代(本当に勘弁して欲しい)」で老後が伸びることを考えると、
主人の定年までの給料を合計しても、
え?90歳までもつの?足りないじゃん。と漠然と思うわけです。

頭に投資は浮かぶ

なんとかかんとか「お金」を増やしたいと思ったときに思いつくのは、
やっぱり「投資」

でも、「投資で成功している人なんて一握りで、ネットで出ている情報はあてにならない。
それが証拠に「失敗」っていう検索でもたっくさんひっかかってくるし。
そんな怖いことはできないわ。」と守りに入りたくなります。

 

それでも、国が「NISA」「iDeCo」なるものを突然言い出して、
「ジュニアNISA」などと、子供にまで投資させようと言い出した。

当初は、簡単に「元本割れ」のリスクを国民に背負わせるなんてすごいなーと思いましたよ。

 

でもね、なんか周りの人が「ふるさと納税」だの「iDeCo」だの言い出して、
家庭をもって少したつと、どこもお金についてきちんと考えるようになっちゃうみたいなんです。

国の政策を知る

焦った私は、「NISA」「iDeCo」について調べました。
詳しいことについては他のブログでもたくさん詳しい記事がでていますので、そちらを参考にして下さいね。

でもやっぱり金融庁のHPが正確です。→ こちら

 

私なりのかなり雑な解釈(ド初心者)
① 「iDeCo」 は60歳以降じゃないとおろせない年金みたいなもの。
② 「NISA」 は 上限年120万 × 最大5年(600万)の投資の利益が非課税。
(ただし2023年終了予定)

③ 「つみたてNISA」 は 上限年40万 × 最大20年(800万)の投資の利益が非課税。
(2037年まで)

上記の結果から、年数も考えて、「つみたてNISA」が手堅いなと思いました。

「iDeCo」は人気のようですが、個人的に途中でおろせないという契約がどうしても好きではないんです。

大切な我が子を人質にとられているようで・・・

つみたてNISA をはじめてみるにあたって

証券会社選び

めんどくさいのが証券口座を作ること。
人生に色々増えるのが大嫌いな私ですが、
楽天銀行ユーザーのメリットが多いこと(口座間移動が簡単・ポイント投資OK)と、
手数料がなんだか安いらしいということで楽天証券にしぶしぶ申し込みました。

この時点でなんだかテンション落ちてました(笑)

投資信託選び

そのあとです。
初心者がつまづきそうになったこと。
どの投資信託(投資家からの資金で色んな株を運用している元締め)で積立をするのかの
選択を迫ってくるんです。

そんなん知らないってば!

いえ、確か「おまかせパック」もありました(笑)

でも「やるからにはやっぱり自分で決めたい!」と思ったので、
一応勉強しまして、アメリカの株なら間違いない、10年以上なら確実に上がるらしいと調べがつきました。
指数とかなんとかは正直よく分かっていない。
のでランキング上位のものであれば良いように思う。

積み立て額、引き落とし日、楽天ポイント使用予約の設定

結局、新興国の成長もみたいなーとも考え始め、少しだけそちらに分けました。
(こちらはいいのか悪いのか分からない。)

あと、かなりのびっくりですが、楽天だとポイントだけで積み立てできちゃいます。
お金が要らない。
それも100ポイントとかでもOK。
ハードル下がりますよね。
リスクが少ない気がします。

「資産」という言葉

アプリで毎月資産状況がみれるのは楽しいです。
育てる感じです。
それも「資産」という表現が新鮮。
価値のあるものを所有しているという欲が満たされる(笑)

まだ時間が経っていないので利益はないし、
コロナでびっくりするほどのマイナスです。

でもこういう時はたくさん買えるというときでもあるので、焦ることはありません。
それが「つみたて」のよさかなって思います。
10年は我慢!

正直、なんでもそうですが、リスクはつきものだとは分かります。
私も「リスク」には敏感です。
※ そのために生活を賭けないでお小遣いでやりましょう。

ただ「宝くじ」よりは夢があるし、9割も元本割れはしない。
(3000円→300円になんてならない。)

 

余談:そもそもお金持ちってなによ?

お金持ちの定義は人それぞれだと思います。

私の「お金持ち」像は、不労所得で豊かな生活をしている人々
簡単に言えば、投資家、資産家の家庭に育っている人・・・
それって、もう「生まれ」がそうなんだよね。
お金がお金をうんでいる。
お金持ちにお金が集まる。

額が額だし、色々な事業をしているから破産もあるんだろうけれど。

まとめ

「投資」なんて無縁だと思っていた小心者の私ですが、

今言えることとしては、
お金をお金のまま持っている人はお金を増やせないんだということ。

セレブと結婚することには憧れたけれど、まあ今の暮らしも幸せかな

平凡にお金を少し増やす予定でいます。

タイトルとURLをコピーしました