キッチンドリンカーの多幸感とは・・・※お酒好きの主婦以外は閲覧禁止

ライフ
はじめに ※ お酒好きの主婦以外は読まないでください
冷蔵庫に冷えた缶ビール。この一口目がなにより幸せ。
もう機会はほぼ無しだけど、飲み会でも最初の生中の一口目が一番最高だったなー
よく言われることだけど、専業主婦キッチンドリンカーとして真面目に考えてみました。
スポンサーリンク

一口目にプラスされてくる幸福感

「アルコール」を体に入れるということは、一口目は有りか無しかの境界線。つまり高い壁です。その高い壁を一気に超える・・・これはまさに覚悟の証でもあるんです。ただ主婦の私は少し後ろめたい・・・旦那さんが飲んでいるのを横でもらうのはいいけど、自分だけではちょっと(^^;)でも晩御飯を作りながら飲んじゃうから、旦那さんの帰宅前にビールの缶はすぐさまゴミ箱へ!
そう!コソコソすればするほど、主婦の「一口目」は特に美味いのです。
下記に具体的な理由を挙げました。

子供の習い事など家からでる煩わしさが今日は無し!という幸せ。

子供の習い事の送り迎えって、簡単で単純な主婦業だと思う人も多いでしょうが、はっきり言ってこれほど煩わしいものはありません。迎えに行くまでの時間がかなり開いているなら家に帰って一仕事できたりしますが、中途半端な場合は待っている、もしくは見学をしていなくてはいけません。そして人の目(それも同じ母親という立場の人)に触れるところに行くということは結構なストレスです。お昼に「あー飲みたいなー」と思うことがありますが、習い事を考えると「おっとー、運転があるー」と自制が必要です。

一口目には、上のことぜーんぶ「今日は無し!」という解放感が伴います。

今から必要になる家事はやらない!と踏ん切った幸せ。

アルコールを飲むと、動きも鈍くなり、面倒な家事はおあずけ。食器の片付け、洗濯、宿題の丸つけ、明日の服のアイロンかけ。もちろん全部済ませた状態のつもりですが、主婦というものは次から次に何かが気になるものです。

一口目には、後出しで出てきた家事は「今日はもうどうでもいい!」というなんとも言えない良い感じの脱力感が伴います。

子供に優しくなるから機嫌が損なわれないという安心感に包まれた幸せ

夕方から就寝まで、子供のあれやこれやと向き合うことが必要です。「宿題やったの?」「時間割したの?」「お風呂はいってきて」「TV消しなさい」など。本当にどうでもいい小さなイライラが積み重なります。そんな時、母はビールを飲むと寛容になるのです。自分の中でもう1人でなんとかするでしょ〜♫ 多少寝る時間が遅くなってもいっか〜♫ と。

一口目には、母親として寛容な母親であることの自己肯定感が伴うのです。

ただ美味しさを感じる幸せ

これは主婦にかかわらず、最初の一口は世界共通で美味しいですよね。最初の一口がビール以外にもなる時があると思いますが、やっぱりやっぱりビールは1番美味さを感じやすい気がしています。


どうでしょうか?
上記のことからして、主婦の一口目はそうとうな幸せエッセンスが混入されています。
だから格別。

他の人と共感し合ったことはないのですが、キッチンドリンカーの会があったら面白い。
でもその会を開いた時点で in キッチン ではなくなってしまいますね。

とういうわけで、どうしょうもない記事でした。
気分を害された大多数の方、本当にごめんなさい!
では!