【アラフォー世代の女性へ】「アラフォー」を感じてしまうせつないエピソード集。ダメージを受けても強くあれ!

ライフ
はじめに
時間は誰にでも平等に過ぎ、さらには30歳、40歳と加速しているかのように歳をとっていきますよね。30代ってまだ若かったんだとつくづく感じている今日この頃です。30代前半なんてまだピチピチだったように感じてしまいますね、今となっては。。。(;_;)そんな40代にすぐに突入する私ですが、最近感じるたくさんの「アラフォー女のエピソード」をまとめた記事です。

 

◉ この記事を読んで欲しい人 ⇩

  • 少しでも笑って歳を重ねたい人
  • 時々無性に「アラフォー」が切なくなる人
  • 自虐ネタも美味しいと思う人

 

◉ まとめると ⇩

A.   40歳にならない人はいない!

スポンサーリンク

40歳は大人の女性?

世の中の 視線も感じなくなり、振り返りもされなくなった。

自分では変わっていないつもりなのに、やっぱり人は分かるんだ・・・

もう がすぎたフルーツだということを・・・

なんて、んでもいられませんので、そんな仕打ちを面白ネタに変えて分析していこうと思います。

とりあえず、この『チークポアパッチ』を頰の毛穴に刺してみましょう♪ 

精神的ダメージ

子供がいると言っても驚かれなくなった

残念ながら、30代後半ともなるといくら所帯染みないように努力していても、子供がいて当たり前世代。

前半だとまだ「独身自由人」にも間違えられ、「子供がいる」というだけで!?」と驚かすこともできたものですが、40歳間近ともなるとそれは 無理

 

さらに「独身だと思われた」としても、相手はそれを話題に出しちゃあかんやつじゃないかと気遣いをされます。

全然年上だと思っている人に「私たち」と一括りにされる

おばちゃまと話しているうちに「・・・私たちなんか。。ネエエ?」とこちらの相槌を待たれると、「ありゃ〜とうとう異世界の住人認定されたかー」ってなります。

つい先日も車検をしてもらった方に「車自体が全く変わりましたからね。我々の時とは。」と言われて、ショックでした。

彼は50代だと思うんだけど。(; ;:)

若い洋服メインのショップで接客されなくなる

試着がしづらいわー。
プレゼントとか、娘のではないかとか思われるのか。

ギャルからの 冷たい視線ときたら・・・

生理が来るのかドキドキする

煩わしい生理。

子供を産まないならとっとと終わって欲しいとも思います。・・・が、最近はなんだか複雑な心境です。
生理がくると「まだ自然界において だと認められている」と感じてしまう自分がいるからです。

いつか終わりが来ますが、その時はどんな思いになるんでしょうか。

心配。

見た目のダメージ

アイシャドウの色をどうしていいのか分からない

「ブルーだと昭和」
「ブラウン系、ブラック囲み系だと平成」

と勝手に思っている私ですが、現在、加齢を感じさせないような、自分に似合ったカラーが見つかりません。

アムラー世代の「キラキララメ系」を瞼にも唇にも塗りたくってきた歴史から考えると、無難なブラウン系にすると老けて見えるような気がして仕方ない。

まぶたのお肌の質からも、以前にように広範囲にグラデーションをつけることもできなくなってしまいました。

よって子供の習い事にはラインだけで行くことが増えてしまいました。

それが一番若く見える気がして。

もう「ばっちりメイク」というものがなんだったのかが思い出せない・・・。



前髪を作った方が良いかもと迷う

年とともに、だれでも髪のことは悩むことじゃないでしょうか?

でもあなたがまだ30代であれば、まだそれは悩みに入りません。

それは、39歳に「ガクっ」とやってくることでしょう。

おでこが広くなったような、頭頂部がみえやすくなったような。

カラーを繰り返し、同じ箇所に力が加わる(例 結び方 梳かし方)ような習慣が相まって、悲鳴をあげる地肌と髪の毛。
少なくなったのではなくて、細くなることで年齢がでてしまうのです。

そんなとき思い立つのが「前髪」作戦
おでこが分からなくなり、頭頂部への負担が少なくなり、目元も隠れがちになり、少しは若く見えるんじゃないかと考えるのです。

手穴カバーと毛穴ケアがきれいにできる美容液級ファンデーション

女子会でも白髪が話題にのぼるようになった

もともと若白髪があった私。
他の人よりもかなり前から白髪対策をしていたので、白髪博士です。

そんな中、やっとみんなが追いついてきました。

でも、びっくりするほど、みんな無知(笑)

カラーではきちんと白髪は染まりません。
浮くに決まっています!

カラーやマニキュア、そこに絡んでくるブリーチの度合いなどの基本的なことも気にせずに、これまでただただ好きな色味に明るくしてきたんだなー。

羨ましいわ。。

現状は、いつも通りの明るいカラーをして白髪が白いままの友人たちが多いですね・・・。

体重が変わっていないのに足が細くなっている

良いことではなく、ただの衰えです。
ハリがない足は、細くてもみっともない。

エクササイズをしても筋肉がつきにくくなっていませんか?

何もせず3日も経てばすぐ細くなってしまう足です。

いいのか悪いのか。

しかし!ヒップも一緒に衰えているということです。


ただの老化

回転寿司にはうるさいことが理由で行きたくない

子供がお寿司が大好きなので、子連れで気軽に行けて安い回転寿司は重宝します・・・が、極力行きたくありません。

決して、「お味」がどうの、「値段」がどうのというわけではありません。

 

ただ、回転する「モーター音」がうるさい!

 

ただでさえ、なんとなく落ち着かない回転寿司ですが、ずっと鳴っている音は、無意識にしてもストレスになってしまう。

時折、回転する音が静かなお店もあるのですが、回転寿司に「うるささ」でテンションが下がるようになった年齢です。

今までの男性とのひどい思い出すら、すべて懐かしさで彩られる

誰もが1つは持っているであろう「イタイ恋愛」

20代の恋愛は、30代ではまだまだついこの間のように思うものですが、40ともなると下手したら20年前のこと。

あの時はお互いに若かったなー、
滑稽でありえない恋愛だったけど、懐かしいなーと感じます。

特に、当時よく聞いた曲をふいに耳にすると、愛しい思い出として甦ります^^

冷静に考えれば、思い出しちゃあかん「酷い」思い出でも。

ヒト幹細胞BBクリーム1本でスキンケアからベースメイクまで「direiaTO BBクリーム」

映画やドラマをみていると主人公よりも親側の気持ちに入って泣く

激しい恋愛系、かなりの年下男子との恋愛系、病気系、虐待系。

様々なストーリーがありますが、歳をとってくるとヒロインが自分ではなくなることがあります。

感情移入が脇役の親」にいってしまうのです。

「なんであんたはそうきちゃうー!?」のドキドキ、
「それはあんたの身勝手でしょう!」のイライラ、
「自分があんたの親だったら」のハラハラ。

同じ涙でも、実は自分だけ親目線の涙だったりします笑

大人の女性のための洋服レンタル【洋服レンタル・ブリスタ】

スポーツ選手の裏側には母親がいるんだとしみじみ思う

甲子園。

絶対守らなくてはならない場面のピッチャーを見ていると涙が溢れ出ます。

あのプレッシャーの中、あそこに立っているあの子。
母親は一体どんな心持ちなのか。

我が息子のように泣けてくるわー。
「どちらにしてもよくやった。夕ご飯の時に褒めてやろう。」

以前は「ピッチャー」がかっこいいかどうかを眺めていただけの気がします。


昔の友達をどう呼んでいたかをすっかり忘れている

ばったり会った旧友。

名前は思い出せても(思い出せないことも多々ありますが)なんて呼んだらいいか分かりません。

以前は、名前を呼び捨てだったか、はたまた何かニックネームらしきもので呼んでいたのか。。

「謎」は深まるばかり。

とりあえず名前の「さん」付が無難でしょうか?

胃もたれする

子供に「肉」を食べさせたいのですが、「肉」以外の選択肢がないお店(ブロンコみたいな)に行くと、お子様セットを私が食べます。

お友達も中学生の子供のために焼肉食べ放題にいくことが増えたようで、「もう無理だー」と言っていました。

親の年齢と子供の食べ盛りの年齢が見合ってないのが悲しいところです。

 

ちなみに、今ではいくらおしゃれな女子会といっても「チーズフォンデュ」なんてもってのほか。
最近はイタリアンもになってきました。

 

和食懐石が一番嬉しい。

入会金・初期費用・成婚料は0円!
月額4,000~9,800円で利用できるスマホの結婚相談所【naco-do】

成長を感じる時

合う人とだけ選んで付き合う

たくさんの人と知り合うことにときめきを感じません。

自分に合う人とだけ、必要最低限の付き合いの大切さが身に沁みる年齢になりました。

もう無理はしません。

今の感情は明後日には半分以上消えていることを知っている

「怒り」「悲しみ」といったの感情。

イライラ、メソメソして、眠れない

 

でも40歳女はもう知っています。

 

明日になれば70%。
明後日には50%になって、感情が頭を支配することは長く続かないことを。

来週には綺麗さっぱり消えていますよね。

ただでさえ、「忘れる」ことが得意 “ になってきていますし。

自分の女子力の限界を知り尽くしている

パン教室、料理教室、着付け教室、花道茶道。

そんなもの続かないし、日常生活にそんなスキルは必要ありません。

 

なぜならそういう人種だからです。

女子力アップとか言っても、所詮その分野に興味があるかないかです。

パン教室で習ったパンを生涯焼き続ける人、料理教室でならった面倒臭い下ごしらえを日々こなし続ける人なんていますでしょうか?

私は知っています。

 

自分にはそこまでの「女子力」はないと。


「素直」の大切さを実感するとき

「素直」って難しいです。
おそらく歳をとればとるほど難しくなってくるんじゃないかなと思います。

仕事で指示をされても自分の合理的な考えで訂正したくなるし、映画をみていてもどんどんツッコんでしまうし、人と会話をしていても「でも」って接続詞が多くなる。

そんな時「はい」と返事をしている若者を見ると、素直の大切さを思い知らされます。

それって相手を理解する力ですし、とりあえず自分なりに事実を受け入れてみようとする試みでもあるからです。

年齢とともに偏屈人間になっていく自分。

「素直」でピュアでクリアになりたい・・・

人は自分のことなんて見ていないと割り切れる

あーだこーだ悩むのは「人の目」を気にしているからです。

しょっちゅう悩みまくる私に「人はほとんど自分のことなんか見ていない」と主人に指摘されたことがあります。

主人は全く身なりも気にしないし(私は嫌なんですが)、何かを後悔することもありません。

私はその時から「人には自分の存在なんか見えていない」と頑張って思うようにしています。

「自意識過剰」→「自意識皆無」を目標に、生きやすい自分に。

 

一方で、おばさんの図々しさはここからきているのかも!?

世の男子はみんなそれなりにかっこよく見える

かなり個人的な嗜好ですが、とりあえず、黒縁眼鏡をかけて、肌がツヤっとしていて色が白い男の子がレジを打っていると見惚れることがあります笑 あ、変態発言?

以前ならただの「モヤシっこ」ですが、男臭がしない、小綺麗でこざっぱりした男子はなんだか良いと思ってしまうんですよね〜。

なんでだろう?

中学高校の時の同級生を思い浮かべると、みんなかっこよかったんじゃない?と錯覚を起こすほど。(これは周囲から猛反対を受けますが。)

刺激を与えれば、人間はどんな風にも化けることを知っているから 原石がいいのかもしれませんね。
たまごっち的な。

銀座のおっさんと同じ感覚  $(><$

「大人」なんていないと分かる

真骨頂!

自分が成人して、30歳になって、40歳になって、何が変わったんだろう。

まだまだ幼いままの自分がいて、気持ち的には20代で、凹むわ、イラつくわ、泣くわ、まだまだぐちゃぐちゃ。

人生は悟っていくものだと思っていたけれど、昨日よりも1日「大人」になっているはずなのに、全くそんな実感なく歳を取っています。

むしろ幼くなってしまっている部分もあるかもしれません。

「大人」ってどこにいるの?



まとめ

書いていたら、そんなにショックなことも少なく、ポジティブに捉えられるものもあって、予想外にこじんまりまとまってしまいました。

結局は無理しなくなることで、いい感じにゆるい」人間になれるのかもしれません。

だから、体は若くいたいけれど、精神年齢はこのままでいい。

「若さは武器」ってよく言ったものです。

本当に世の中の反応は違うから。

プチエピソード:20代の頃、ワンピースを着ている時と、ヒッピーみたいな格好している時で、本当に扱い(特に知らない男性から)が笑えるくらい違って、世間不信になりました。
結局見た目じゃん!って。

最初にも書きましたが、どんな人でも絶対40歳になりますから!
どんなに「私だけは・・・」って思っていても!

Everything’s gonna be all right!



タイトルとURLをコピーしました